同性愛者 作家 折口 三島

同性愛者 作家 折口 三島

同性愛者 作家 折口 三島



昭和24年4月27日、三島由紀夫が初の長篇書き下ろし『仮面の告白』を脱稿、同作で自身の同性愛的傾向をカミングアウトした。稲垣足穂、吉屋信子、折口信夫の同性愛も紹介。性の傾向は独立してあるのではなく、あれからこれへと連続的

折口 信夫(おりくち しのぶ、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日)は、日本の民俗学者、国文学者、国語学者であり、釈迢空(しゃく ちょうくう)と号した詩人・歌人でもあった。. 彼の成し遂げた研究は「折口学」と総称されている。 柳田國男の高弟として民俗学の基礎を ...

過去いくたの三島評伝や作家論、作品論が出たが、不明な点がまだまだ残った。 とくに生来の自家中毒、蒲柳の質、不能、同性愛などの三島の軌跡の外面の変化は読みとれても、創作側の三島の内面の心理状況の変貌は、当人を毎日監視でもしていない限り ...

従来の三島研究について、「生活者としての相貌の把握を、作家の理解に対する強力な条件とする姿勢であるj と 捉える。「作品世界の把握j については「人工的な美の世界を構築したといった見方で捉えるのが通例j で「現実と

作家は物語というものを頭で創るのではありません。 ... ますが、もうひとつは別稿「折口信夫への旅・第1部・その11」のなかで触れた通り、折口の同性愛者的要素を重ねて読もうとする傾向が強いからです。吉之助はそのような読み方は小説「身毒丸」の ...

折口信夫 以前、折口信夫が1914年に27歳でふたたび上京した時期の日記を読んでいて、いきなり登場するハングルに驚いたことがあった。「新しい히거にも逢著した。それが더새に対してであつた。さうして肉体的には成功することは出来さうで、

1 :禁断の名無しさん:2001/02/28(水) 16:42 作家で同性愛者はだれだ?

同性愛者だった折口信夫が、何を残したくて書いた作品か、とても興味深いです。 ... 同性愛を扱った文豪の作品といえば、他にも森鴎外の「少年」や堀辰雄の「燃ゆる頬」、三島由紀夫の「仮面の告白」など探せば探すほど出てくると思うので、ぜひ、bl ...

好書好日(こうしょこうじつ)は、ライフ&カルチャーを貪欲に楽しみたい人におくる、 人生を豊かにする本の情報サイトです。映画や美術、食などをもっと楽しむための本の紹介から、朝日新聞の読書面に掲載された書評まで、あなたと本の出会いをお手伝いします。

松浦 寿輝(まつうら ひさき、1954年 3月18日 - )は、日本の詩人、小説家、フランス文学者、批評家、東京大学 名誉教授。 毎日出版文化賞、高見順賞、読売文学賞選考委員。 日本藝術院会員。

同性愛者 作家 折口 三島 ⭐ LINK ✅ 同性愛者 作家 折口 三島

Read more about 同性愛者 作家 折口 三島.

8
9
10

Comments:
Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Guest

Years wrinkle the skin, but lack of enthusiasm wrinkles the soul.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu